脱毛方法の種類

全身脱毛の施術方法の種類には、一般的には、「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の3種類があります。
美容外科やクリニックで現在主流となっているのは、「レーザー脱毛」です。

これは、お医者さんでなくてはできません。
皮膚の表面にレーザーを照射して、毛母細胞、毛乳頭を破壊してしまうという方法です。
毛の黒いメラニン色素に反応して毛の根っこの部分を焼いてしまいます。
色の薄い産毛には効果が表れにくいのがウイークポイントです、

「フラッシュ脱毛」はカメラのフラッシュのような光を当ててレーザー脱毛と同じように毛母細胞、毛乳頭を破壊するという方法です。
レーザー脱毛は医療機関でしか取り扱えないので、一般の脱毛サロンなどではこちらのフラッシュ脱毛を取り入れています。
レーザー脱毛よりは、効果が現れるのがイマイチかもしれませんが、フラッシュ脱毛は、1回に照射できる範囲はレーザー脱毛よりも広範囲になっているので、「痛みが少なくて済む」「施術時間が短い」などのメリットがあります。

レーザーもフラッシュも黒色に反応するので、日焼けをした肌ですと受けられない場合があるので注意が必要です。
最後に「ニードル脱毛」ですがレーザーやフラッシュが登場してからは、マイナーな施術方法になってしまいました。
この方法は、毛穴に針を刺して弱電流を流すことで毛乳頭を破壊するものです。

1本1本処理するために、時間がかかりますし、技術的にも高度なテクニックを必要とします。
しかし1本1本確実に施術するので、永久脱毛の中で最も確実な方法だともいわれています。